つるの剛士、粘着してくるサヨクに対し「いくら政権に罵倒しようが、その人本人のココロの中の貧しい言葉が有る限り永遠に貧困から逃れられない」