【神奈川新聞/石橋学】「今が一番、生きづらい」。生存の危機さえ覚えている在日コリアン 平和憲法の理念がなお実現をみていない現実